無料
モルちん日記 ちょっと話はずれますが






 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

 ちょっと話はずれますが 

本日アカデミー賞を取った「おくりびと」
映画は見ていないのですが、原作ともいえる「納棺夫日記」
大学時代に読みました。この本で初めて「納棺夫」(納棺師)という職業を知りました。
映画同様評判の良い本でしたので、紹介したくなりました。

老人施設勤務時代は、葬儀会社の方に大変お世話になりました。
職員でエンゼルケア(死後の処置)をすることもありました。
私たちとはいつも過ごしていた利用者だから、できたけれども
まったく見知らぬ方だったらできるかといったらできないと思います。
なかなか考えさせられる本でした。


スポンサーサイト
[ 2009/02/23 22:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

 

この映画はとても評判がよかったようですね。
私も 見ていないのですが、スカパーできっと近いうちにすると思うので 絶対に見てみようと思っています。
老人施設などで働いてらしたんですね。
とても大変なお仕事をされていたんですね。
寝たきりの祖母の世話をずっと母がしているのを見ていたので 頭がさがります
[ 2009/02/24 01:19 ] [ 編集 ]

 >まぁちゃんさん

社会福祉士免許を持っているのですが、
来年は介護福祉士を受験予定です。
今は一般企業に勤めていますが、いずれは
老人福祉の仕事に戻りたいと思います。
福祉畑の人間は一度離れてもまた戻りたいという人が多いです。

職員は施設にいる間だけ、利用者と接していますが
ご家族は24時間ですから、本当に大変だと思います
こちらこそお母様のご苦労には頭が下がります。
[ 2009/02/25 05:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mokka658.blog43.fc2.com/tb.php/285-b7e2814e






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。